わたしらしくあたしらしく

プレッシャーを強化するべく奮闘中。 ニュータイプへの道はまだまだ遠い…。

2007年01月

私にプレッシャーをかける建物とは一体何物なんだ!?

引っ越してから地下鉄を使っていましたが、バスで帰ってきてみました。

久しぶりに乗ったバスは地下鉄にはない、どこか落ち着いた雰囲気がありました。
そのせいなのか、運転手さんが物凄く丁寧な方で、
「バスが停車してからお立ちください」「左右に揺れます、お気をつけください」
中でも「このバスはコンベンションセンター経由でございます」をたぶん10回以上は聞きました。

アナウンス 「次はコンベンションセンター前」

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!

見せてもらおうか!
運転手自慢のコンベンションセンターの大きさとやらを!


…でかい。

地方の空港並でした。
f4cf3706.gif
 ←すごい…運転手が熱中するわけだ…クリック! 続きを読む

2Kの残光?おまけ

思春期の頃、叔母がよく言っていました。
「いつ見初められるかもわからないから、パンツはキレイなの履きなさい。」
引っ越しでヨレヨレパンツが叔母に見つかってしまった時、こう言いました。
「いつ事故に遭うかもわからないから、パンツはキレイなの履きなさい。」

人にはもったいなさを感じる心があるということも…

お昼休みに秘書さんにこの事を話しましたら、
「救急に運ばれた女の人がいかにも(数万円しそうな)勝負パンツで
先生が『僕にはもったいなくて切れない』って下着を切るに切れなくて
看護婦さんに怒られてたことあるよ。」

まぁ、命かかってますからね。

そういう意味では確かにヨレパンツに希望はあったのだ。
9b72f5a9.gif
 ←そういう事じゃないクリック! 続きを読む

第10話 駆け抜ける嵐

顧みろ!今回の事件は、
引っ越しの静謐を夢想した一部の楽観論者が招いたのだ!


そうなんです。
引っ越しを甘くみておりまして、引っ越し間際に手配した事が多すぎました。
各種手続き然り、冷蔵庫の購入然り。
「これはどこ?」「あれは?」「こっち手伝って!」「○○から電話!」
一つ一つ答えているうちに引っ越しは終わっていました。
頭は限界を超えてボケーとしていたような…。

お引っ越しはご計画的に。

意識が…落ちる…!
175419b7.gif
 ←漢たちの魂の輝きだ…クリック! 続きを読む

第9話 郷愁、2K窮屈点

母と叔母のおかげで随分早く新居は片づきました。
間取りも旧居に比べて格段に広くなりました。
手も足も伸ばしたい放題!

考えてみりゃ、
わたしたちはずっと2Kの狭さに
付き合わされてきたんだ。


…何となく冷え冷え。
母と叔母が帰り、話し声が少なくなると一層…。
広い所に住みたいとずっと願い続けておりましたが、
狭い所もその狭さが良かったなぁなんて思ってみたりして。

部屋暖房を防ぐ、奥の部屋があったワケだなぁ。
f5a5c30f.gif
 ←ちょっと暖めるだけじゃ、寒!クリック! 続きを読む

第8話 冷蔵庫

すったもんだはありましたが、冷蔵庫(←かなり立派キラキラ)が到着。

c925a1d3.jpg


おお、これが…!
素晴らしい…
まるで○菱の精神が形となったようだ!


動かした冷蔵庫にすぐスイッチをいれてはいけません。
3b46d1dd.gif
 ←さあ、冷蔵庫から離れろ!これは脅しではないクリック! 続きを読む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ