わたしらしくあたしらしく

プレッシャーを強化するべく奮闘中。 ニュータイプへの道はまだまだ遠い…。

2006年05月

時の流れは早い!

高校時代の友達と飲んだ時、
一人がこんなことを言いました。

時の流れは早い!

ごもっとも。
相変わらずの友達と相変わらずの空気。
何も変わっていないようで、実はかなり変わりました。

 そ れ は 話 題 。

高校の頃は気にもしていなかった肌年齢。
アンチエイジングなんて言葉すら知りませんでした。
どちらかというとダイエットに意識が向いていました。

脂肪打倒なぞ、もうついでのことなのだ。
ラスカル。
二十歳過ぎた後は、
アンチエイジングの時代だ。


時代は確実に動いている。倒すべき敵、それは乾燥。そういうことか。
55397ccc.gif
 ←女の子は忙しいんですぅクリック!

しかし、二十歳を過ぎて微妙に時間が経過して…
まだだ!まだ間に合うよ!! 続きを読む

長ナスの花

自信をなくしていました。
どうも胡散臭く感じてしまったんです。
そもそもわたしは本当に愛されているのか?

入籍しようという日に限ってケンカをしてしまいました。
というのも、彼が何気に
「やっぱり結婚式はこじんまりやりたいなぁ」
とつぶやいたのです。
これはわたしの地雷でした。

そいつが甘いんだよ。
相手は貴様以上の苦渋の選択をしてるって
なぜ考えないんだ?坊や。


わたしが悩みに悩んでいる時、
手を差し伸べてくれなかった彼を思い出し、
ブチ切れてしまいました。
ええ、わかっていますよ。
過ぎたことに怒るなんて良くないとは。

夫婦喧嘩は夫婦をよりよく生かすための必要悪ですから、
そのために戦うだけです。
戦闘局面でも口論しないで済む相手なら口論しません。


とことん、話し合った末、525f05a4.jpg

近頃、植えた長ナスに一番花が
ついているのに気がつきました。

長ナスが花をつけている…

私はあなたに賭けたのです。
10ce02a5.gif
 ←嘘か誠かすぐにわかるさクリック! 続きを読む

アポロ11号に続け

いつの間にやら、
桜も散り、葉桜になって参りました。
そろそろ父の日を考える時期ですね。
母の日には恒例でお菓子を贈っているのですが、
いつも困るのが父の日です。
何を贈っていいものやら…。

で、あたしは見つけました!

月月の土地をロケット

これは素晴らしい!
まるでロマンの精神が形となったようだ!


夢があるなぁ。ロマンだなぁ。貰ったら嬉しいなぁ。

この一撃こそ、歴史を変える…





いや、待てよ。
父は宇宙に興味があったか?

貴様と私では
所詮価値観が違うと言ったところか…!


とでも、なりやしないか?

あたしの勘もそう教えている

寒い…この状況にあと何年…
ec81c8ef.gif
 ←戦いは一瞬で決まる!迷いのある方が負けだ!クリック!

でもね、いいと思うんですよ、本当に。
webで自分の土地を観察することもできるそうです。
もちろん、天体望遠鏡があれば、望遠鏡でも観察できます。
もし、あなたが物凄いお金持ちさんなら、
実際に自分の月の土地を歩く事もできちゃいます。
これで、あなたもあたしもニュータイプ!
プレゼントではなく、自分で欲しいのかも…笑顔 続きを読む

新大陸が見えてきた

コロンブス(←補給艦ではありません)は
どんな気持ちで大陸に向かい、大陸に辿り着いたのでしょうか?
考えはあまりにも漠然としていて時に見えないものです。

さて、1日家から出て、友達と飲みに行き、友達の悩みを聞き、
神経をほんの少しの間、違う方向に
シフトするだけでかなり冷静になれました。
自分の愚痴も存分に聞いて貰いましたがね。

 本 当 に あ り が と う !

家にいるといつ何時母あるいは父から
電話がくるかと思うと息苦しい気もしていました。
とりあえず、逃げてみましたが、
逃げるが勝ちってこともあるものです。

ラスカルは父と
ゆっくり話し合ったことないだろ?
それじゃ虎はおとなしくはならん。


話し合う気力が戻りました。
というよりも、
自分の考えがまとまったと言った方がいいのかもしれません。
これで何とか冷静に交戦できそうです。
いえ、もう戦いはしません。
譲歩案は考えてあります。

父の要求を呑もうではないか!

なるほど。
意外とシンプルな譲歩案だ。


結婚式は親孝行みたいなものです。
いつ親孝行できるかもわかりませんし、
今後、望まれるような親孝行をする自信もありません。
結婚式場の希望を聞いて頂いただけでも感謝です。

女狐め、こちらに恩を売るつもりか。
465fbd75.gif
 ←両親あっての結婚式ですからクリック! 続きを読む

飛び出したのは

家出をしたのは

エゴだよ!それは!

と言ってしまえば、その通りです。
このまま彼と結婚していいのか
という気持ちになったというのもありました。
この家の重力から解き放たれたいと思いました。
一方で、
彼にももっと彼の両親と話し合ってもらいたい
という気持ちもありました。
これだけわたしの家でもめているのだから、
彼の家でも本当は言いたいけど言っていない事があるのでは?
と心配になったからです。
狭いアパートで同棲していると会話は筒抜けですからね。
一度、わたしのいないところで本音で話し合って欲しかったんです。

彼氏、わたしの手向けだ。
両親と仲良く話すがいい。


逃げるのも花嫁の仕事のウチですよ。
182d431a.gif
←そんな理屈!クリック! 続きを読む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ